トリートメントが長持ちしない理由TOP3

いつも森のブログを読んで頂き、誠にありがとうございます!!


これまで何万回と聞かれてきた質問があります。

このトリートメントってどれくらい持つんですか??

正直言って
ケアの仕方で全然変わります。

そして今回は
せっかくサロンでいいトリートメントをしたのに
残念なホームケアの仕方でトリートメントの持ちを悪くしてしまう行動TOP3をご紹介します!

第3位
何もつけないで乾かす
これ結構やりがちなのですが
顔に化粧水つけないのと一緒です!
サロントリートメントは髪の内部に栄養成分を入れているので、なるべく髪の内部に浸透するものや、表面をコーティングしてくれるアウトバストリートメントをつけてください。
しっかりと保湿成分や補修成分のあるアイテムを使用して、髪をドライヤーの熱と風から守りましょう。

第2位
そもそも髪を乾かさない
濡れている髪はとてもデリケートな状態で、キューティクルが開いているんです。
ドライヤーの熱を当てることで綺麗に閉じるので、必ず根本から毛先に向かって乾かすようにしましょう!
自然乾燥した髪をブラシで無理にとかしたりするのは、指のさかむけを根本方向に引っこ抜いてるのと一緒です。
あぁ恐ろしい

第1位
市販のシャンプーを使っている
これはもう
ダメ。ゼッタイ。
とりあえずシャンプーの洗浄力ででサロントリートメント剥がしちゃいます。
市販のシャンプーはほとんどのものが、食器用洗剤よりも高い洗浄力で、どんな頑固な汚れもこれ一つ!
なんて言ってられません。
頭皮の油分まで根こそぎ洗い流してしまうのに、石油系の洗浄成分なのでめちゃくちゃ流れにくいんです!
とりあえず、いい事一つもありません…

いかがですか??

サロンのトリートメントもとっても大切なのですが、ホームケアがそれ以上に重要な事がお分かり頂けたでしょうか?

このTOP3を避けるだけで
髪は艶を持続し、手触りも長持ち!
髪が喜ぶ事間違いなしです♪

矢野 貴大

矢野 貴大

代表 BAILAやOggiのような!女性らしいスタイルが得意です

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP